From the blog

俳優、青山達三さん。シェイクスピア「十二夜」

今日は、演出家のジョン・ケアードの演出によるシェイクスピアの「十二夜」(日生劇場)に行ってきました。

私の大学の同級生である、青山達三くんが、フェイビアンの役で主役級で出演しています。

役者にとって、日生劇場に長期出演するということは、ミュージシャンが紅白に出るというのと同じ感じ。

クラスメートが全員、大企業のサラリーマンになったなかで、青山君だけは、就職せずに劇団青俳に入り、その後、マクベスをはじめとする蜷川幸雄の劇に抜擢され、初志貫徹、ずっと役者をやってきました。

いろいろ、様々な苦労もあったと思います。

しかし、彼の初志貫徹のすがすがしい生き方、そして、最近の活躍は、自分のことのようにうれしいこと、そして、友人として、私の自慢です!

今日の青山くんの演技は、いぶし銀のように、劇全体を引き締め、そして、ユーモアの場面の中心となって、最高でした。

終演後、青山達三君の楽屋を訪ねました。主役級なので、もちろん、個室!下記の写真は、終演直後の青山達三くん(左)です。温かくて控えめな人柄。その人柄が、全体ににじみ出ていますね。

皆様、俳優、青山達三を応援いただければ、幸いです。

日生劇場の楽屋にて。青山達三さん(左)。

日生劇場の楽屋にて。青山達三さん(左)。

 

Have your say

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください